保育所の種類と問題点
保育所の種類と問題点
保育所の種類と問題
保育所の問題として一番挙げられるのが待機児童問題です。保育所に入りたくても入れない待機児童の問題は、特に大都市を中心に深刻化しており、地方都市も例外ではありません。保育所の種類はたくさんあり、そして複雑化していることからその問題が顕著です。

まず、国の基準である児童福祉法に基づく施設である認可保育園です。基本的に保護者の就労や病気などで保育できない子供を保育しています。これは公費によって運営されており、児童福祉法に基づく基準を満たしています。そのため保育料も安く済む場合が多く、母子家庭などにはかなりありがたい制度になっています。

認可保育園の中でも公立保育園と私立保育園に分かれています。公立保育園は市区町村の自治体が運営しており、私立保育園は社会福祉法人などが運営しています。最近では小規模認可と言って、比較的入りにくいゼロ歳児から満三歳児までを保育する認可園も出てきています。

一方で国が定めた認可基準に要件が足りなかったり、何かしら特徴的な教育をしたり保護者のニーズに合わせた長時間保育をしたい、などといった理由で作られている無認可保育園があります。入りやすい反面、保育料が高かったり園庭などが狭い場合もあります。ほかには、東京都独自の制度になりますが、認証・認定保育園があります。

最近できたのが幼保連携型認定こども園です。こども園の1号は幼稚園ですが、2号3号がいわゆる保育園の児童となります。


《《《関連おすすめリンク~保育士編~》》》
待機児童問題を解消すべく、近年さまざまな保育施設が新設されています。それに伴い保育士が働ける職場も増えており、求人サイト保育ぷらすでは、約4万件以上の求人情報が掲載されています ⇒⇒ 保育ぷらす 求人