保育所の種類と問題点
保育所の種類と問題点
認可保育園の問題点
保育所問題の中で認可保育園の問題点として挙げられるのがまず待機児童です。認可保育園に入園できるかは点数の高さによって決まっています。それぞれの家庭の状況によって点数がつけられ、片親なら点数が高いなどといったことがあります。

そこで問題になるのが、未満児クラスの入りにくさです。1歳児クラスでは入りにくいので、ゼロ歳から不本意に認可保育園に入園させる親が後を絶ちません。本来育児休業をしっかり取って復職したいと思っている人でも、やむなく低月齢の歳から保育をするなどと言う問題点があります。

また、就労予定では入りにくい自治体もありますので、仕事をしたいが保育園が見つからないからできない、と言うこともあります。特に母子家庭になって仕事を探さなければならない人にとっては死活問題です。一方で認可保育園に入りにくいため、書類上知り合いの会社などに就労証明を書いてもらったり、勤務時間を長めに設定するなど、書類上の不正をする人が後を絶ちません。

ほかにも、第二子の育児休業中は第一子が退園になる認可保育園もあります。そのため、二人目を産んでから再び保育園を探さなければいけません。一方で、専業主婦であれば第二子出産後も二人を一人で見ているため、育児休業で家にいるのに税金で保育していいのかという問題もあり事態は複雑です。