保育所の種類と問題点
保育所の種類と問題点
無認可園の問題点
無認可保育園の問題点は、いくつかあります。まず、認可保育園は公的資金で運営されているため費用が少なくて済みますが、無認可保育園はそうではありません。そのため、月謝が高くなる傾向にあります。

さらに、無認可保育園は運営に費用をあまり使えないという問題点もあります。ですが、現状においては認可保育園に入れない人の受け皿として無認可保育園があるのは確かですので、これがなくなっては多くの人が困ってしまいます。そういった背景があるため、地方自治体では無認可保育園に補助を出すところもあり、今後この動きが広まることが期待されています。

また、無認可保育園は認可に至るのに何かが足りないというだけで、保育施設として十分な園がほとんどです。こういった事情も知らずに無認可保育園をイメージだけで認可保育園より悪いように考えているのも保育所問題の一つです。

実際に行ってみると、施設の広さが少し足りなかったりするだけで素敵な園はたくさんありますし、なにかしら特殊な保育をしたいと思っているためあえて無認可保育園を選んでいる保育所もあります。加えて認可保育園ではできない長時間保育や第二子妊娠中の保育などもしてくれる融通の利く保育園もあります。