保育所の種類と問題点
保育所の種類と問題点
認定こども園の問題点
最近働く母親の受け皿として新しく注目されているのが幼保連携型認定こども園です。幼稚園に行く人が少子化の影響などで減っているため、幼稚園の良いところと保育所の預けられる部分を兼ね備えたということで全国に増やしていっています。しかし、このような幼保連携型認定こども園にも問題があります。

施設の問題としてはまず、幼稚園教諭と保育士では園児の年齢などで対応できることが違ってきており、うまく連携することが難しかったり、保育料の形状や予算が幼稚園部分と保育園部分で違うから大変なようです。

一方で、実際に通わせる親や子どもとしても問題があります。仕事をしている保育園の保護者とそうでない幼稚園の保護者では、役員を働いていない幼稚園側の親だけが担当させられる、といった問題があります。一方で、幼稚園の母親は連帯感が強いものの、保育園の保護者が孤立したり、行事などになかなか参加できないという問題点もあります。

また、幼稚園の保護者としては午前保育や夏休み冬休みに預けられないということから、いつでも預かることができる保育園の保護者へ向けて不満感が高まったりするという問題点があります。いずれにせよ、いいところ取りという施設ではなく、預けるにはかなりの覚悟が必要です。